「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:・日記( 45 )

「少年とストライカーと約束」

e0064238_1564134.jpg

今日は昼から 右京中央図書館に来てます(^O^)。

久しぶりに手に取った本がありました。
「少年とストライカーと約束」

2002年ワールドカップ
デンマーク代表、トマソン選手とある和歌山に住む少年のお話です。

僕は当時ワールドカップが終わった後にこの出来事をネットで見つけ 感動しパソコンの前で涙しました。
「神様はこうして君に、耳が聞こえない、言葉が話せないという試練を与えています」
「しかし、ゴールを決めるチャンスも必ず与えてくれるのです。君はそのチャンスを逃してはいけません。しっかりと、がむしゃらに、決めてください。前を向いて生きるという、かけがえのないゴールを」

トマソンが少年にかけたこの言葉を僕も一生忘れずにいたいです。


この物語は、日韓ワールドカップ閉会から10日後2002年7月10日、ある新聞記者の個人サイトにUPされた日記をもとに書かれています。
日記は、インターネットの掲示板などを通し、ワールドカップの熱狂に押されるように、またたく間に日本中に広がっていきました。書いた本人が転載を快く許可したこともあって、取り上げるサイトも日に日に増え、動画やイラストつきのストーリーまでつくられるほど話題となったのです。
新聞記者である著者ね上井建治さんは、ワールドカップの取材で和歌山のデンマークキャンプを訪れ、少年とトマソンの出会い、そして別れのシーンに立ち会いました。ワールドカップ後も、少年のお母さんと手紙のやりとりを続けています。
書籍化にあたり上井さんは、著者名はペンネームという条件で、サイトに書いた原稿の使用と、再構成をすべて編集サイドで行うことを許可してくれました。そして、少年からのいくつかのコメントの追加など文章に加筆修正を加え、イラストをつけてまとめ直したのがこの本です。

ここで、上井さんと編集サイドのやりとりのなかで聞いた話から、伝えておきたいと思ったことを記します。
この本を読んだ方の多くは、僕がそうだったように「トマソンっていい人だよね」「約束を守ったトマソンってすごい!」という感想をもつかもしれません。しかし、著者がこの“日記”で伝えたかったのは、そうした「ひとりのストライカーの美談」ではありませんでした。
「私たちは誰でも、日々、悩み苦しみ、悲しいことやつらいことに直面しながら生きています。逃げ出したくなったり、もうどうでもいいや、と思うことだってあるでしょう。そんなとき、私たちみんなの指針になってくれるストーリーなんです」
上井さんは、日記で“本当に伝えたかったこと”は、本文中に登場した、2つの言葉に集約されていると言います。その、上井さんの心に響いた「2つの言葉」とは何だったのでしょう。
ひとつは、オルセン監督がコック長に言った「他国は他国、我々は我々です」。それは言い替えれば、「我々はやるべきことをしている、だから自信をもつべきなんだ」というメッセージとして、上井さんに伝わりました。
そしてもうひとつ、トマソンが最後に少年に伝えた「神様は……ゴールを決めるチャンスも必ず与えてくれる」という一言。それは「いつかきっと、何かいいことがある」ということです。楽天的に聞こえるかもしれませんが、私たちがつい忘れてしまいがちな、生きていくうえで欠かせないモチベーションを示唆してくれている、と上井さんは捉えたのです。
「日々の生活を頑張っていれば、何も不安に思うことはない。そして、あなたにも私にも、きっといつか必ずチャンスや幸せがやってくる。そのことを教えてくれているんです」
取材を通して上井さんが感じたのは、少年とトマソンの「物理的な約束」だけではない、人としての「心のもち方」でした。

最後に、あの日の“日記”が本となって世の中に出ていくことについて、上井さんは、4年前の自分の心を整理するように、こう感想を述べています。
「2002年当時、日記の転載を許可したのは、できるだけ多くの人に読んでほしかったからなんです。さらに本になれば、ネットでは読めなかった人も読むことができる。ふたりからのすばらしいメッセージを、もっとたくさんの人に届けたい」
トマソンと少年のつながりから、とにかくこの事実を伝えたいと著者のストレートな感情が、ここに本の形となりました。

編集担当/井上健太郎
[PR]
by tosiyan319 | 2008-08-04 01:56 | ・日記

「久しぶりにブログ更新」

ちょっと 年末から体調を崩していました。
パソコンも潰れてしまい写真をアップできなくて
森呼吸からかなり離れていましたf^_^;
気がつけば もう三月ですね。
春に近づいてきて カメラとも離れていた数ヶ月・・・ちょっとカメラ散歩が恋しい季節になってきたので頑張ってブログも更新していこうと思ってますo(^-^)o。

ちょっとずつですがブログも再開していきますので
よろしくお願いします。
[PR]
by tosiyan319 | 2008-03-14 02:14 | ・日記

「葉っぱ君チョーカー 」

e0064238_1734255.jpg


京都左京区にある雑貨屋さん
「てんつく」でまたまた
見つけたチョーカーo(^-^)o
左側にある
ニコ丸モドキチョーカーは数年前にプレゼントしてもらったもので目が花の種、
鼻が茎、口が唐辛子のチョーカーです。(いつも身につけてます)

そして今回見つけたのが
「ニコニコ顔葉っぱ」チョーカー
秋はこっち身につけようかと思います。
[PR]
by tosiyan319 | 2007-11-11 13:30 | ・日記

ぽかぽか

e0064238_2033721.jpg


e0064238_2033323.jpg


e0064238_2034925.jpg

























もうそろそろ
桜は散っちゃってるかと
思ったけどまだまだ満開の桜を
見る事ができました。
沢山の色のチューリップも見る事が出来て
ポカポカ陽気の中のんびりできて
幸せな一時を過ごせました。
そして今日のハイライトは沢山の桜の木の下を
散歩してると雪のように舞う
桜吹雪が見れた時です時間が一瞬止まって
感じて 一生忘れられない時間でした。

未来くん広場に
近いうちに 自分はこんな力士さんになるんでは
なかろうかオブジェと遭遇(笑)。
ん?誰だ?今 そこで もうなってるって
言ってんのは?(笑)
[PR]
by tosiyan319 | 2007-04-12 16:08 | ・日記

ウッドノート忘年会

e0064238_23344758.jpg



e0064238_23363686.jpg

今年も去年も参加させていただいた 
ウッドノートの忘年会に行ってきました。
写真展に来て下さった人達や
ウッドノート好きの面々で集まりました。
今年も楽しい 宴のメインで
マスター達の アイリッシュセッションも
聴けてとっても楽しい 一時を過ごせました。

料理もみんなの持ち寄りて 
美味しい ワイン 焼酎などなど
久しぶりにお酒呑んだや(笑)。
なんか あまり大きな声出したり
さわぐ お酒の席は苦手なので
ウッドノートのなんか 
のんびり ほっこりした呑み会は
僕も大好きだ。
今年も こうやって いろんな方達と
出会える事が出来て幸せな一年だったなぁ~っと
演奏を聴いていました。
[PR]
by tosiyan319 | 2006-12-26 21:33 | ・日記

そして帰りは…o(^-^)o♪

e0064238_2264327.jpg
今日は相方さんと 大阪へ早朝からお出かけ
していたので、確か去年行こうと思っていた 
大阪梅田スカイビルで
「ドイツクリスマスマーケット」
開催されてるのを
思い出して一緒に立ち寄ってきました。


e0064238_2411473.jpg
このメリーゴーランドは
110年の歴史を持つ
木製で世界に4台しかない
物らしく 小さな子供達が
目を輝かせて乗車してました。
見てるだけでも とっても
メルヘンな一時でした
・・・乗ってみたい衝動に・・(笑)




e0064238_243915.jpg
ドイツではサンタとは言わないらしい????
セント・ニコラウスの伝説として残っているらしいです。




e0064238_3123861.jpg

グリューワイン(ホットワイン) 
ドイツオリジナルスープ
ドイツソーセージ
などなどか゛販売されていて
ワイン以外は一通り
食べてきました(笑)





e0064238_2433954.jpg
展望台へ登ったのは高校の卒業旅行以来?
中学だっけ?




e0064238_2442023.jpg
梅田スカイタワービルの模型。
相方さんが 今日はとっても喜んでくれた一日だったので
僕もとっても嬉しい一日となりました。
[PR]
by tosiyan319 | 2006-12-16 18:28 | ・日記

「冬来(とうらい)」

e0064238_161183.jpg


ほんとに寒くなってきましたね(*_*)。
黄色い葉も落葉して
次は街中の木々に光りがあふれる。















☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆昨日かな?
テレビ見てたらニュースで大きな木に登っておりられなくなってた白い猫ちゃんが今日無事救助された。
昨日の映像では鼻水垂らしてとってもかわいそうだったけど ほんとによかったo(^-^)o。
[PR]
by tosiyan319 | 2006-12-08 16:13 | ・日記

歴史と絆と想い

e0064238_18141495.jpg

『遥かなる約束』
~50年の時を越えた運命の愛~

先週末フジテレビ系で放映されていたのでビデオを撮っていたので、今日拝見した。

見終わった後
もう一度本で読んでみたいと思いました。

戦争が終わってわずか61年。
ハンバーガーは30秒、買い物は24時間、人々はインターネットで手軽に航空チケットを買い、自由に海外に出かけるようになった。
だが、ボタン一つで行ける国から 半世紀も戻る事が出来なかった日本人がいる。
蜂谷弥三郎、これは数奇な運命に翻弄された一人の男性と、その妻、久子。

そして ある ロシア人女性の限りない愛の物語だ。

蜂谷弥三郎と久子(本をまだ読んでないので漢字は誤字かもしれませんm(__)m)の半世紀に渡る時を経て一つの夫婦愛が蘇った だが、その愛を支えたたもう一つの愛を想う時 彼らにとっての戦争はまだ終わっていない。

僕らの知らない 歴史に途方もない想いが あったんだと考えながら見ていました。
[PR]
by tosiyan319 | 2006-11-27 18:14 | ・日記

記憶のプラットフォーム

e0064238_18281376.jpg


誰かさんのシルエットが・・←Ж相方さん撮影(笑)。
e0064238_19294252.jpg




e0064238_1931026.jpg


弁天町交通博物館です。
ここは 僕が小さい頃よく
父に連れてきて貰った場所。
三歳の時父が亡くなってからも 小四ぐらいまで母に兄貴と一緒によく連れて来て貰ってました。

二十歳を過ぎても ここは
不思議な記憶が残っていて二年おきぐらいに 来てます。

中の展示してる電車は多分25年以上 ほとんど変わってないような(笑)。

多分 結婚して子供が出来たら必ず連れて来るだろうなぁ~o(^-^)o。
[PR]
by tosiyan319 | 2006-10-20 19:31 | ・日記

梅小路蒸気機関車館へ行ってきました(*^_^*)。

なんかこんなに間近で機関車見たのはじめてで テンションあがりまくり(^^♪
京都駅から電車で1駅のところにあって
迫力ある蒸気機関車がかなりの数展示してました。


e0064238_2302060.jpg


                
                                  ↑☆銀河鉄道999☆のD51


e0064238_2040189.jpg




e0064238_20402352.jpg



e0064238_20412189.jpg



e0064238_2042097.jpg



e0064238_20423713.jpg
                            ちなみにSLスチーム号にも乗れるんです。

また行ってみたい場所の一つかなぁo(^-^)o春には梅と桜がとても綺麗な場所なので楽しみ。大切な人とまた行ってみようっと(^^♪。
[PR]
by tosiyan319 | 2006-09-02 11:30 | ・日記